サラリーマンの出世が遅い理由【大企業幹部の会社に対する価値観】

どうもサイコブロガーるみおです。

 

企業の幹部の人達は基本的には、

わたし達が思っている以上に結果を重視しています。

それも恐ろしいほどに…

 

わたしが大手企業をやめるにあたって、

幹部の人とお話が出来る機会があったので記事にしたいと思います。

 

完全結果主義

 

当たり前ではありますが、基本的に結果重視で物事を見ています。

 

わたし達からすればかなりの問題である人間関係とかがあるじゃないですか、

幹部の人達はこの人間関係は基本的に問題視してないんですよね。

 

わたしは単純に疑問に思う事をそのままぶつけてみました。

 

誰からも評判の悪い課長が、

何故ずっと課長を続けらるのか?です。

 

 

 

課長の詳細はを知りたい人はこちらの記事を参照ください。

簡単に言えば カバートアグレッションの上司です。

 

わたし達従業員が課長に対してどんなイメージを持ち、

今まであった小さなトラブルから大きなトラブルまで全て報告しました。

 

そこで返ってきた言葉は、

そんな事はわかっている。でした。

 

さらにこんな話もしてくれました。

 

そういう事は「辞めていく従業員が全て教えてくれる」と。

 

その課長は、他の幹部の人達から裸の王様と呼ばれているそうです。

 

掌で泳がされている課長

 

じゃあ何でわかっていながら、

対処しないの?という疑問が生まれますが、

そこに 大手企業の仕組化が関係しているんです。

 

所長は、

もし会社として結果が出ていなければ、

そういった人間関係にも、

結果の出ていない原因の一つであると考え、

対処はするかもしれない。

 

ただ今の段階では、

誰かがデモを起こそうとしているわけでもないし、

誰かが訴えようとしているわけでもない、

 

つまり会社の仕組化の範囲内なんですよね。

 

どんな人間が上に立とうが、人間関係のトラブルが無くなることはない、という基準で作られているんです。

 

わたしは正直この話を聞いて、

さすが幹部の人だなとすごく勉強になりました。

 

もっと従業員の事を考えろよ!

と思った人もいるかもしれませんが、

 

そんな当たり前に起こる事など眼中になく、

もっと自分たちが見るべき課題に目を向けているんですよね。

 

役割分担が明確なっているんです。

 

会社は全て長い目で目ている

 

課長も今は処置とかされないけど、

次の昇進時に少なからず影響は受けるし、

 

□POINT
要するに長い目で見ているんですよね。




この長い目で見ているというのが基本的な大手企業の価値観の1つにあるから、

サラリーマンは中々出世できなかったり、

他人より頑張っても評価に繋がりにくいのだとわたしは思います。

 

悪く言えば

この価値観の中では、

考えて行動する人間よりも、

 

 

POINT

いくらでも替えのきく、仕組化の輪を乱さない人のほうが、

会社としては扱いやすいんですよね。

 

 

だから多くの派遣社員が雇われるのだとわたしは思います。

 

そしてわたしにはそんな生き方無理だと理解した出来事でもありました。


🔽SNSで簡単PUSHシェアしようぅ🔽