メタバースとDAOとWeb3.0時代

結論

 

2022年現在では、

まだはっきりと定義されていないのが現状。

 

でもDAOとかWeb3.0という言葉は聞いたことがあったり

議論されていたりします。

 

そこで今回はDAOやWeb3.0について

ざっくりと学んでみましょう。

 

Web3.0とは?

 

なんとなく想像できるかもしれませんが、

仮想世界です。

 

仮想世界とは具体的に

【メタバース】ですね。

 

メタバースでは、

VR(バーチャルリアリティー)

メタバース上での商品のやりとりなどされています。

 

嘘のような本当の話で、

メタバース上での

土地の売買などが本当に行われています。

 

ただ

今は話題性で価値があるように見えて

飛びつく人も多く

フタを開けてみたら何の価値もない物だった

ということも多々あるみたいです。

 

NFTも、

何でも売れる!

みたいなイメージがあるかもしれませんが

現実は【ほとんどが売れない】が正しいみたいです。

 

時代は確実に仮想世界に向かっている。

 

でも時代は確実に仮想世界に向かっています。

 

リアルでもSNSやゲームアプリで

同じ趣味を持つ仲間と簡単につながれます。

 

考えてみれば、

職場や学校で

同じ趣味を持つ仲間を探すより

 

SNSや同じゲーム内で探す方が、

話も合うし当然ですよね。

 

ちなみにSNSやゲーム内で

情報交換できる【SNS時代】が

Web2.0時代になります。

 

それにもっとリアリティーを

足したのがメタバースで

その仮想世界がWeb3.0時代と言われています。

 

DAOとは?

 

簡単にいうと仮想世界での【株式会社】です。

 

今はブロックチェーンという技術、思想により

銀行を通さなくても【仮想通貨】で

世界のどこでもお金を瞬時に動かせます。

 

つまりメタバースに、

現実の価値のあるお金を持っていく事ができている

ということ。

 

ですが現実問題

メタバース上での画像の解像度の問題など

すぐさま一般化するには難しいというのが現状。

 

だから今はまだ開発段階にあるというのが現実ベースではあります。

 

ただ

初めてテレビ電話をしたときも、

なんだこの画質の悪さは…

 

初めて携帯で

テレビや動画を見たときも

なんだこの画質の悪さは…

 

でも今ではどうでしょう

なんの不満もなく携帯で動画が見れます。

 

ZOOMなどでオンライン通話もできます。

 

つまりメタバースも

進化させるべく

開発している企業や個人がたくさんいるということです。

 

でも開発には資金が必要

そこで世界の投資家たちの出番がくるのです。

 

現実世界で資金を集めるには、

株式会社を作って資金を集めるしかなかった。

 

そこには銀行でめんどくさい手続きをしたりと

かなりの手間がかかっていましたが、

 

今では【仮想通貨】を使って

世界中の投資家からお金を簡単に集められます。

 

ざっくりいうと

この流れがDAOです。

 

ただ現実の株式投資とDAOでは報酬形式が少し違います。

 

株式投資では

基本的には投資をした人しか

報酬をもらえません。

 

でもDAOは、

開発、プロジェクトに参加した人にも

独自トークンという形で報酬が入るような仕組になっています。

 

深ぼりすると

 

  • ブロックチェーン
  • スマートコントラクト
  • コンセンサルアルゴリズム

 

といった色々な専門用語の理解も必要になってくるので

この変にしておきます。

 

🔽SNSで簡単PUSHシェアしようぅ🔽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。