貯金平均以下のわたしが,人が変わったように貯金できるようになった話

どうもサイコブロガーるみおです!

みなさん貯金してますか?

わたし年収1000万以上を約5年続けても貯金できなかった人なんです…

でもある日を境に、驚くほど貯金出来るようになった、嘘みたいな本当のお話をしたいと思います。

リバウンド=衝動

 

結論。 お金を使う時間を無くすです。

大事なことなので深く解説していきます。

考えたら誰でもわかるような事を言うな!と思われるかもしれませんが。ザックリ言うとお金を使う時間を無くす!なんです。

ただポイントがあって

 

□POINT

嫌な仕事を入れまくって使う時間を無くすみたいに、決して自分に無理をしてはいけません。

 

ダイエットが難しい理由を知っていますか?

それは自分が無理をしたりすることによるリバウンドです!

このリバウンドが【最大の敵】なんです。

リバウンドってなにもダイエットに限った事ではないんです。

 

あなたも振り返ると必ずあるはずです、例えばダイエットのために明日から食事制限を使用!とか。そろそろ試験が近いから毎日一時間は勉強しよう!とか。モテたいから毎日筋トレをしよう!

 

みたいな感じで何か自分自身に約束したことがあるはずです。

 

もうどうにでもなーれ

 

そしてその自分との約束を破った瞬間に何か糸が切れたようにどうでもよくなった経験ありませんか?

 

我慢した結果、発動するのがこの厄介な【もうどうでもいい!】という無意識の感情です。

 

ダイエットに例えると自分と食事制限の約束をしていたのに、約束を破った瞬間その反動で今まで以上に食べてしまうといった感じです。

これがリバウンドの正体です。別名衝動とも言います。

 

科学的エビデンス

 

この厄介な魔物=衝動はリバウンド時に限らず生きていれば、いたるところに潜んでいます。

 

例えば仕事中今日は疲れているから早く帰って寝よう!と思っていたけど 仕事終わった瞬間に元気になって遊びに行ってしまったり。

 

寝不足だから今日はテレビ見るのを早く切り上げて早く寝よう!と思っていても、ついだらだら見てしまったり。

 

あげればきりがありません。

 

人間の脳は前頭葉という場所で、衝動をコントロールしていると言われているのですが、脳の研究では、衝動をコントロールする能力が低い人は、この前頭葉が普通の人より小さいという研究結果が出ていたりもします。

 

他にも【カリギュラ効果】と言って、 人間禁止すると逆に禁止した事がやりたくなってしまう心理的現象の事なんですが、こういう人間の根本に眠っている深層心理が深く絡みあっていたりもします。

 

つまり貯金ができないなどといった人の場合は、この衝動をコントロールする能力が他人よりも低いため無理をすると逆効果になるということなんです。

 

貯金できないのは一種の病気である

 

ここまでお伝えすれば、気づいている人もいるかも知れませんが、もうこれは一種の病気です。

 

お金にルーズな人は、他もルーズだとよく言われますが、まさに私はその通りだと思ってます。

 

衝動をコントロールできないという事は、欲しい物が出てきたら我慢することが出来ない。飲みに行きたくなったらそれもまた我慢することが出来ない。

 

お金に余裕ができたとしてもほぼ間違いなく、自分の欲のために使う事でしょう。偉そうに聞こえるかもですが、これは体験談であり、過去のわたしに向けたメッセージでもあります、何故なら同じ過ちを繰り返したくないからです。

 

冒頭でも述べたように年収1000万以上稼いでも貯金すらできなかった大失敗についても記事にしますので気になったらブックマークしてまた見に来てください。

お金を使う時間を無くす!

 

冒頭でも述べましたが、結論はお金を使う時間を無くす!なんですが、わたしが言いたいのは、脳にお金を使うスキを与えず、結果的にお金を使う時間を無くす!とういう事です。

 

人間の人生は約50%は習慣で決まっていると言われています。つまり50%は無意識の行動で占めているという事です。

 

歩く時にわざわざ、足を意識して歩きませんよね?行先だけ意識して足を動かすという行為はもう習慣化されています。

 

何が言いたいかというと、この習慣化をうまく利用するんです。

貯金出来ない人、 昔のわたしはお金を使うという事自体が習慣化されていたんですよね。

 

なのでこの習慣そのものを変えました。

 

例えば、お金を使って物を買ったり、飲みに行ったりすると、脳が刺激されてドーパミンが分泌されます。

この脳内ドーパミンは

  • 楽しい事をしている時
  • 褒められた時
  • 新しい行動を挑戦する時
  • 何かを達成した時
  • 好奇心が働いている時

といった時に分泌される別名【快楽物質】とも呼ばれています。

 

要するに、お金を使って強烈な【楽しい】という快楽を体験した自分の脳が、快楽をまた体験したいから衝動という形で現れ、衝動をコントロールできないわたしのような人間は、それらに負けて行動してしまうというメカニズムです。

 

 

つまりわたしのような人間が、いくら貯金しようと努力しても出来ないんです。

 

話を戻しますが、そこで習慣を改善する必要があるんです。

 

快楽という予想以上の中毒性

 

わたしはタバコとギャンブルを自力でやめた経験もあって、この習慣化には自信があります。なので最後まで見てほしいのですが。

 

この貯金できないという状況は全て脳内で起きているんです、つまり脳をコントロールする必要があるんです。

 

具体的に言うと、 脳にこの快楽を極力思い出させない環境を作るという事です。

 

嫌な仕事とかで、物理的にお金を使わない状況を作ったとしても脳は無意識に、快楽を思い出そうとしてしまいます。

 

あなたがつまらない仕事をしていたとしても頭の中では、仕事終わったら何食べよう、どこ遊びに行こうといった具合に脳は無意識に快楽を思い出します。

 

それじゃ脳はいつまでたってもその快楽を忘れる事がないから全く意味がありません!

 

快楽は予想以上に中毒性があり、甘く見ない方がいいです。

  • お酒をやめられない人
  • タバコをやめられない人
  • ギャンブルをやめられない人
  • 大食いをやめられない人

これらをやめたくても中々やめられない人がいるのは、脳が強烈な快楽を覚えてしまっているのが原因だとわたしは断言できます。

 

そしてこれらの衝動をコントロールできないにもかかわらず、後悔した瞬間は、「もう絶対しない」と変に断言したり、 自分に無理やり言い聞かせたりと自分の意思を強く持とうとしがちです。

 

違うんだなぁ、違うんだよ。

 

一見これらが中毒性があるように思えるかもしれませんが、ちょっと違って、正確にはこれらに中毒性を感じる人もいれば、感じない人もいるのが事実です。

つまり

□最大のポイント
同じ事でも快楽の感じ方は人それぞれだという事

 

上記の事は、一回手を染めると誰もが同じように陥るイメージを持たれがちですが、全くそうではなく。ギャンブルをしたとしてもそれを脳が快楽として認識する人もいれば、認識しない人もいるという事です。

 

つまり貯金したくても貯金できない人の脳の中では、ギャンブルとかがやめられない人と同じような状態にあるという事なんです。

具体的に言えば、お金を使うという行為に、脳がギャンブル等と同等の強烈な快楽を感じてしまっているとわたしは思うんです。

 

具体的なアクションプラン

 

ここでわたしが行き着いたのは、習慣化です。禁煙も同じです。

 

習慣化が難しいという人は、メンタリストDaiGoさんの「超習慣術」を身に着けやすいかもしれません。本を読んだとて、習慣化が身につくわけではないので、 まずは自分で習慣化できるように意識してみる事を強くオススメします!!

 

Amazonから(電子書籍)kindle対応はこちら

短期間で“よい習慣”が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術【電子書籍】[ メンタリストDaiGo ]

 

いくら意思の力に頼っても、貯金できずに悩んでいたわたしは、徹底的に自分と向き合いこの方法にたどり着きました。

 

出来る限り、 脳に快楽を思い出させないように心がけました。

 

ただそれだけなんです。ほんとにw

 

どうのように、思い出させないようにしたかというと、わたしの場合は会社をやめ、やりたい事に集中することで貯金ができるようになりました。これは正直結果的にそういう事だったという事なんですが。会社を辞めた理由はこちらをご覧ください。

 

子供の頃時間を忘れるくらい何かに夢中になった経験があるかと思います。夢中になることで悪い習慣を上書きするんです。

 

人間の習慣は何回も繰り返すことで上書きされるようにできているので、毎日夢中になって取り組む事で自然と無駄遣いを減らすことができます。

 

とは言っても、仕事辞めるなんていきなり無理ですよねw

 

そこで一つだけ必殺技があるのでそれだけお伝えします。

 

それは「寝る」です!!

 

ここまで真剣に読んでくれたのならある程度理解は出来たはずなので正直後はあなた次第です、何か自分が夢中になることを探してください。

 

そして夢中になる事で、それが習慣になり、悪い習慣がどんどん薄れていくのでぜひ試して下さい。

 

でも夢中になるってどうやって…てなってる場合は岡本太郎さんの「自分の中に毒をもて」を読むとやりたい事の糸口が見つかるかも知れませんね。

 

2021年現在、日本最大級のプログラミングスクール【div】を経営しているマコなり社長も、どの動画かまでは忘れてしまいましたが、感銘を受けたとおっしゃっていましたし。

 

その他多数のインフルエンサーの人達もおすすめしている一冊になってます。

 

Amazonから(電子書籍)kindle版対応はこちら

自分の中に毒を持て【電子書籍】[ 岡本太郎 ]

 

ちなみにゲームは課金という【トラップ】があるのであまりお勧めはしません!

 

🔽SNSで簡単PUSHシェアしようぅ🔽