いつでも始められる運動とその効果と段階。

この章では、運動を継続する前提で話をする。

 

低強度の運動

基本的にあまり息のあがらない運動。

ウォーキングなど心拍数が少しあがる程度。

このあまり負荷のかからない運動でも

脂肪の燃焼や代謝の改善が見込める。

 

挫折を心配するのなら、

この軽い運動から始めあると良い。

 

中強度の運動

 

最大心拍数の65%~75%の運動。

 

最大心拍数の簡単な出し方は

220ー(自分の年齢)

人によって少し変わってくるので

これはあくまで参考程度。

 

中強度の運動になると

グルコースを燃焼しだす。

 

この時の脳のメカニズムは

3つの成長ホルモン

  • IGF-1
  • VEGF
  • FGF-2

が活発化&新生する。

VEGFが脳の【血液・脳関門】の透明性をあげ

成長ホルモンのなどの物質を通しやすくする。

 

【血液・脳関門】とは

フィルターみたいなもの。

 

そこでIGF-1やFGF-2の成長ホルモンが脳や体中を流れ出し。

色んな細胞を助け出す。

 

つまり、活性化する。

 

さらには、

エンドカンナビノイドという脳内マリファナも

体中を駆け巡り、痛みを緩和していく。

 

そして運動をしだすと

新しいニューロン(細胞)が誕生する。

 

新しいニューロンは

可塑性の天才である。

 

つまり

誕生してまもない子供と同じで

刺激などを吸収しやすい性質を持っている。

 

高強度の運動

心拍数は90%以上。

 

ほぼ全力。

 

この域になると無酸素運動に変化する。

 

この域に達すると

HGHという物資つが発生しだす。

 

HGHというのは、

研究者の間で、「若返りの泉」とも言われている。

 

脂肪燃焼はもちろん、

脳の容量を増やすとされている。

 

ただし、

体内にとどまるのは、

基本的には数分程度である。

 

鍛える事も可能で、短距離走選手のように

短い時間で、全力を出すようなスポーツをしてる人は

最大で、4時間滞在していたという報告もある。

 

運動はやらない意味がない。

🔽SNSで簡単PUSHシェアしようぅ🔽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。