効率的に努力を続けられるメソッドがあった!山口真由さん著書【感想】

どうも読書ブロガーるみおです。

 

今回はあのインフルエンサーのマナブさんが以前、

久々におもしろい本があると、、

紹介されていたのでその本を読んでみました。

 

山口 真由さん

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。


この本はお察しかもしれませんが、

簡単に言えば「努力の本」です。

 

読み手によっては価値観がガラッと変わるかもしれません。

 

むしろこの本の価値観を持ってないと、

何に挑戦しても勝てないのではないでしょうか。

 

まさに成功者の努力の定義が描かれていると思います。

 

正しい努力のための方法論

 

個人的に【天才】というキーワードには反応してしまうわたしなんですが、

「天才と呼ばれてる人達」には共通してることがあるんですよ。

 

それはみんな自分の事を天才とは思っていないという事です。

 

人は 成功者を一部の天才と呼んだりしますが、

果たしてそれはどうなのでしょうね。

 

色んな天才と呼ばれる人の本などを見てきたわたしは、

天才の人達の言う努力に「鍵」があると思ってます。

 

私においても、努力が不必要な「天才」には、少なくとも、私は出会いませんでした。

山口 真由さん より引用。

 

この文面からわたしが読み取れるのは、

東大生の人達もただ努力をしている、

一般人からは予想もつかないくらいの努力を。

 

そしてこの章では、

努力というあいまいな言葉を具体的に考えようとか、

努力に対する価値観を変えてくれることが、

たくさん書かれています。

 

努力という言葉の捉えかたに、

天才と凡人の違いがあるのではないでしょうか。

 

努力を始めるための方法論

 

この章では、

努力を始めるための具体的な「アクションプラン」が書かれています。

 

山口 真由さんの実体験ベースになっているので、

勉強法についてが多いのですが、

自分のやりたいことにつながるように書かれています。

「基本書」は急いで買ってはいけません。じっくりと選んで、自分が選びうる本のなかでベストだと思う1冊を買うのです。

山口 真由さん より引用。

 

基盤となる土台を作るための本選びは、

とっても大切なことだから、

じっくりと選ぶべきで、ネットで買うのはNG。

 

確かにとりあえずネットでポチって、

いざ読んで見たら自分のレベルに合わなかった!

ってことがよくあるんですよね。

 

今買って読まずに眠ってる本が存在します(内緒)

 

他にもどうして重要かなどが書かれていますよ。

 

努力を続けるための方法論

 

努力って続けるのが難しいですよね。

 

POINT

努力を続けることができない人が多いから、

努力を続ける人が天才に思えるのかもしれませんね。

 

そう、ここでは「挫折」に対する対処方法などが書かれています。

 

個人的に思うことがあって、

人が何か目標を立てる時って、

自分は挫折するくせに挫折する未来を考えないんですよね。

 

不思議。

 

という感じで挫折に対して深く理解しておくことは、

何かを継続するにあたって最重要な要素だとわたしは思います。

 

この章は重要と言う事です。

 

山口真由さんが一番集中している時に、

片膝を立てるという癖があるそうなんです。

 

周りからすれば行儀の悪い事だし、

自分でも直した方がいいってのはわかっているそうなんですが、

□ポイント
時にそれをわざと自分に許して努力を継続させたりしてるんです。

 

なんか努力への執念みたいなものを感じられました。

 

努力をするためには多少、

自分に甘くなる部分が必要なのかもしれませんね。

 

努力を完遂するための方法論

 

最後は、

山口真由さんが実践した 沢山のテクニックが書かれています。

 

あくまで仮定の話ですが、

山口真由さんやその他にも「天才」と呼ばれる人達は、

この成功体験(テクニック)をよく教えてくれたりします。

 

ですがその成功体験を得るまでに、

数えきれないほどの失敗もしてきていると思います。

 

山口真由さんのテクニックの1つに、

朝とりあえずシャワーに入るというのが出てきます。

 

朝シャワーに入るという行動には、

自分を目覚めさせるという目的があります。

 

何が言いたいかというと

最終的に朝シャワーに入るということが、

一番 【自分にとっては】目覚めやすいという結論にたどりついたということ。

 

それまでには、

  • 朝コーヒーを飲んでみる
  • ご飯を食べてみる
  • ベットメイキングしてみる
  • テレビをつけてみる

 

といった小さなトライ&エラーを繰り返していると思うんですよね。

 

つまりわたしたちも自分なりに、

小さな挑戦を続けるのが大事だと思いました。

 

天才の定義とはいったいなんなのでしょう?

 

努力の定義とはいったいなんでしょう?

 

人がいかにあいまいな表現で、

物事をとらえているかを教えてもらえた1冊になりました。


🔽SNSで簡単PUSHシェアしようぅ🔽